電子書籍でギリ食っていく

Kindleでペーパーバックが出版できる?

去年か一昨年くらいから、kindleで出版作業が終わると「ペーパーバック」を出せよ!って表示がされるようになりました。

ペーパーバックとは何ぞや?

まぁ紙の本なんですけどね。洋書をイメージしてください。表紙が厚くなくてカバーもついてないヤツ。紙質もチープな感じで。ほら、見たことあるでしょ?

どうやら電子書籍をオンデマンドで印刷してくれるサービスが始まってるぽいのですよ。調べた結果2021年の10月から開始されたらしいです。結構前からなんですね。

電子書籍をわざわざ紙にするって、それ時代に逆行してねぇか?とも思うのですが、やはり「紙の本」の需要はあるのでしょう。

kindleで発売している電子書籍をそのまま印刷してくれるのかしら?と思ったのですが、どうやら違うようです。

印刷用のデータと表紙の再アップロードが必要でした。本文データはmobiなどではなくDOC、DOCX、HTML、RTFファイルなどを使うようですが、日本語の場合推奨されているのはpdf形式でした。

これ実質もう一回作れってことですよね?

Amazonさんからテンプレートが配布されているのですが、ダウンロードして確認したところワードのファイルでした。PDF入稿推奨なら、イラストレーターやインデザインを使って、かなり自由度の高いデザインの本は作れそうです。

制作方法のマニュアルにフォントサイズなどは記されています。また目次や章についての設定説明はあるのですが、画像解像度などについての説明は見つけられませんでした。印刷物なのでカラーモードはCMYKの筈なのですが、そういった技術的なことも言及されていません。使用可能なフォントやアウトライン化も不明です。

文字主体の電子書籍をお気軽に印刷するイメージなんでしょうか?紙質とカラーかモノクロかを選べるのですが、Mamegohan Digital Publishingの出版物のような写真集に対応しているのかは不明です(実際作ってみないとクオリティは実感できないみたいです)

このペーパーバック、一冊から注文できますが、ロイヤリティから印刷費を差し引いて売り上げになるシステムです。

本のページ数固定コスト追加ページコスト
モノクロ
24~108ページ400円なし
110~828ページ175円2円×ページ数
カラー
24~40ページ475円なし
42~828ページ175円4円×ページ数

OSAKA candid 17は469ページです。カラーで出版した場合、175円+(4円×469ページ)で2159円のコストがかかります。つまり販売価格はそれ以上になる計算で、まったく現実的ではありません。電子書籍版は煩悩価格の108円なので、コスト分だけでおよそ20倍です。

ロイヤリティは60%なので、この場合の最低価格は2159÷0.6で3599円になります。誰が買うんや!?(笑)

しかしカラーでも40ページ以下であれば固定費は475円なので、まだ商品として活用できそうです。一冊から販売可能でしかもAmazonで売れるという強みも、ビジネスとして考えればかなりの可能性があると言えるでしょう。

特に制作代行は、数件検索した限り、電子書籍の原稿がある状態で納期1ヶ月で最低でも5万円以上なので、Mamegohan Digital Publishingでしたら納期2週間で3万円でっせ!?と言えば十分戦えますし。

もう少し情報を集めて、勉強してみたいと思います。





関連記事

  1. 画集を作る作戦 大失敗
  2. Kindle本の売り上げを3倍にしたい
  3. 宣伝しないと売れません
  4. アダルト系記事を泣く泣く削除しました。
  5. 反省しつつ考える。
  6. 世間とセンスがズレてます
  7. お巡りさんに電子書籍を売りつけた午後。
  8. 表紙の大切さ

おすすめ記事

ふぉとくら / きゃたつ

本日ご紹介するのは「ふぉとくら」きゃたつ著です。大学写真部の男女4人わちゃわちゃコメディ…

嘘広告に欺されないで。

Instagramを見ていたら「アマゾンであなたの本を個人出版しませんか」「あなたの本を無料で出版…

えっちゃんはいちいちやらしい。BEST / ポン

本日ご紹介するのは「えっちゃんはいちいちやらしい。BEST」ポン著です。何をやってもいち…

限界集落(ギリギリ)温泉 / 鈴木みそ

今回ご紹介するのは「限界集落(ギリギリ)温泉」鈴木みそ著です。満を持してのご紹介です!約1…

1月の売り上げが振り込まれました

1月のKDPでの売り上げが、先日振り込まれました。金額的には微々たる額ですが、自分が作った写…

父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話 / 渡辺電機(株)

今回ご紹介するのは渡辺電機(株)著「父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話」です。…

Kindle出版物のご紹介

GR biyori / OSAKA candid 19,20

OSAKA candid 19,20発売しました!2018年にMamegohan Digi…

Mahitox / 盗撮と間違えられて夏の海

Mahitox俳句集第三弾「盗撮と間違えられて夏の海」発売しました!第一弾に比べて、なぜか…

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

PAGE TOP