電子書籍でギリ食っていく

Kindleでペーパーバックが出版できる?

去年か一昨年くらいから、kindleで出版作業が終わると「ペーパーバック」を出せよ!って表示がされるようになりました。

ペーパーバックとは何ぞや?

まぁ紙の本なんですけどね。洋書をイメージしてください。表紙が厚くなくてカバーもついてないヤツ。紙質もチープな感じで。ほら、見たことあるでしょ?

どうやら電子書籍をオンデマンドで印刷してくれるサービスが始まってるぽいのですよ。調べた結果2021年の10月から開始されたらしいです。結構前からなんですね。

電子書籍をわざわざ紙にするって、それ時代に逆行してねぇか?とも思うのですが、やはり「紙の本」の需要はあるのでしょう。

kindleで発売している電子書籍をそのまま印刷してくれるのかしら?と思ったのですが、どうやら違うようです。

印刷用のデータと表紙の再アップロードが必要でした。本文データはmobiなどではなくDOC、DOCX、HTML、RTFファイルなどを使うようですが、日本語の場合推奨されているのはpdf形式でした。

これ実質もう一回作れってことですよね?

Amazonさんからテンプレートが配布されているのですが、ダウンロードして確認したところワードのファイルでした。PDF入稿推奨なら、イラストレーターやインデザインを使って、かなり自由度の高いデザインの本は作れそうです。

制作方法のマニュアルにフォントサイズなどは記されています。また目次や章についての設定説明はあるのですが、画像解像度などについての説明は見つけられませんでした。印刷物なのでカラーモードはCMYKの筈なのですが、そういった技術的なことも言及されていません。使用可能なフォントやアウトライン化も不明です。

文字主体の電子書籍をお気軽に印刷するイメージなんでしょうか?紙質とカラーかモノクロかを選べるのですが、Mamegohan Digital Publishingの出版物のような写真集に対応しているのかは不明です(実際作ってみないとクオリティは実感できないみたいです)

このペーパーバック、一冊から注文できますが、ロイヤリティから印刷費を差し引いて売り上げになるシステムです。

本のページ数固定コスト追加ページコスト
モノクロ
24~108ページ400円なし
110~828ページ175円2円×ページ数
カラー
24~40ページ475円なし
42~828ページ175円4円×ページ数

OSAKA candid 17は469ページです。カラーで出版した場合、175円+(4円×469ページ)で2159円のコストがかかります。つまり販売価格はそれ以上になる計算で、まったく現実的ではありません。電子書籍版は煩悩価格の108円なので、コスト分だけでおよそ20倍です。

ロイヤリティは60%なので、この場合の最低価格は2159÷0.6で3599円になります。誰が買うんや!?(笑)

しかしカラーでも40ページ以下であれば固定費は475円なので、まだ商品として活用できそうです。一冊から販売可能でしかもAmazonで売れるという強みも、ビジネスとして考えればかなりの可能性があると言えるでしょう。

特に制作代行は、数件検索した限り、電子書籍の原稿がある状態で納期1ヶ月で最低でも5万円以上なので、Mamegohan Digital Publishingでしたら納期2週間で3万円でっせ!?と言えば十分戦えますし。

もう少し情報を集めて、勉強してみたいと思います。





関連記事

  1. むりくり需要を生み出すには?
  2. 宣伝しないと売れません
  3. 売れる電子書籍とは何か?ChatGPTさんに聞いてみた1
  4. 40歳からのヤリチン化計画!!
  5. アート系ヌード写真集をどこで販売するか。
  6. 電子書籍のロゴを作ろう
  7. 売れる電子書籍とは何か?ChatGPTさんに聞いてみた2
  8. ずんだもんに宣伝してもらったのだ

おすすめ記事

アダルト写真集は出さない

昼休みにKindleで写真集を眺めていました。某SKE48からAVへ転身された方の写真集です。タレン…

電子書籍で雑誌はアリなのか?

大阪の街にも外国人観光客が戻ってきました。コロナでインバウンドが激減する以前、観光客が電車…

send to kindle、MOBI形式のサポート終了

先週Amazonさんから一通のメールが届きました。スパムに紛れて見逃すところでしたが、こんなタイト…

女の穴 / ふみふみこ著

今回ご紹介するのは「女の穴」ふみふみこ著です。タイトルがアレですが、この穴は「目」のことで…

GR biyori / 貧乏メシ

「貧乏メシ~貧乏と云ふは死ぬ事と見つけたり~」発売中です!ぼやきと飯のハイブリッド写真集「…

アニウッド大通り / 記伊孝

今回ご紹介するのは記伊孝著「アニウッド大通り」です。第1巻の内容紹介: 宮崎駿、富野由悠…

Kindle出版物のご紹介

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

MahitoX / 死にたいね君が呟く冬布団

MahitoX俳句集第二弾「死にたいね君が呟く冬布団」が発売になりました。写真とモザイク…

GR biyori / ヒンコンビニメシレシピ30

ヒンコンビニメシレシピ30、発売中です!ムダに一手間加えてみました!レトルト食品や缶詰な…

OSAKA candid My average day

PAGE TOP