Kindle本レビュー

読者と主人公と二人のこれから / 著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten

読者と主人公と二人のこれから
著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten

今回は小説を題材にしたボーイミーツガールもの、「読者(ぼく)と主人公(かのじょ)と二人のこれから」をご紹介します。

この物語さえあれば、他に何もいらない。この小説『十四歳』と、その中に確かに息づく主人公、トキコがいれば―― だが、彼女は俺の前に現れた。灰色の毎日の始まりになるはずだった、新学年のホームルーム。黒板の前に立った彼女こそは、俺が手にした物語の中にいたはずの「トキコ」だった。不器用に近づいていく二人の距離。物語の中にいる「トキコ」と、目の前にいる「柊時子」のあいだで、奇妙に絡まってゆく想い。出会うはずがなかった読者と主人公の物語。その結末にあるものは――。

上記が公式のあらすじです。

過去の出来事が原因で他人との関りを持たなかった晃の手には、いつも一冊の本がありました。「十四歳」というタイトルの小説。その物語、いや主人公トキコだけが、晃の心の支えでした。

高校に入学した晃は、同じクラスの柊時子と出会います。目の前の柊時子は名前だけでなく、「十四歳」の主人公トキコそのままのイメージでした。それもその筈、彼女は作者の柊ところの実妹で、小説「十四歳」のモデルだったのです。

時子に惹かれていく晃ですが、それは現実の時子なのか、それとも物語の主人公トキコへの想いなのか?という葛藤が生まれます。同時に物語が進み、時子との距離が近づくにつれて、時子とトキコが乖離していくことに晃は気づきます。

現実の時子は高校1年生になり、十五歳になっています。しかし物語の中にいるトキコは十四歳のままなのです。

トキコという存在を、晃も時子もどう受けて止めていくのか?時子の想いは、作中の次回作「十五歳」で明らかになっていきます。

若干というか、相当ネタバレ感のあるレビューですが、結末は皆さんで確認してください。

 

関連記事

  1. 紙の本はなくならない(今のところは……)
  2. 謹賀新年 2020年初売りでKindle本ライフを始めよう!
  3. 角川文庫・ラノベ読み放題 / 作家の待遇は?
  4. 電子書籍の写真集制作代行が向かう場所
  5. 2019年度にアニメ化されたライトノベル売上ランキング発表 ~あ…
  6. 電子書籍の違法ダウンロード/海賊版が増える
  7. キミの忘れかたを教えて1 / 著者:あまさきみりと イラスト:フ…

おすすめ記事

GR biyori / My average day #001

My average day #001Mamegohan Digital Publishin…

ついにアダルト写真集を販売開始しました!

我がMamegohan Digital Publishing所属のクリエイター、イタニシモトキ氏が、…

三角の距離は限りないゼロ / 著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten

三角の距離は限りないゼロ著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten今回ご紹介するのは「三角の距離…

お詫び

大変申し訳ございません。6/14~26日にこちらから送信した、お問い合わせに対するメールが送…

読者と主人公と二人のこれから / 著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten

読者と主人公と二人のこれから著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten今回は小説を題材にしたボー…

GR biyori / Ziri貧王子と赤貧騎士団: ~コロナで無職になりました~

人々の生活を一変させたコロナ禍。もちろんぼくだって例外ではない。外出を自粛し、テレワークで勤…

OSAKA candid My average day

Kindle製作日記

ついにアダルト写真集を販売開始しました!

我がMamegohan Digital Publishing所属のクリエイター、イタニシモトキ氏が、…

2019年度電子出版物のご案内。というか、買えと言ってるんですよ!

二年目を迎えた弱小電子書籍出版プロジェクト、Mamegohan Digital Publishing…

リフロー型を作る時期に来ているらしい

リフロー型の電子書籍の制作依頼が来ているのだけど、残念ながらすべて断ってます。なぜか?…

結構重要で重大なトラブル

Kindleで第二版を出したいのですが、データが更新されません。どういうこと?Tel…

PAGE TOP