Kindle本レビュー

読者と主人公と二人のこれから / 著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten

読者と主人公と二人のこれから
著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten

今回は小説を題材にしたボーイミーツガールもの、「読者(ぼく)と主人公(かのじょ)と二人のこれから」をご紹介します。

この物語さえあれば、他に何もいらない。この小説『十四歳』と、その中に確かに息づく主人公、トキコがいれば―― だが、彼女は俺の前に現れた。灰色の毎日の始まりになるはずだった、新学年のホームルーム。黒板の前に立った彼女こそは、俺が手にした物語の中にいたはずの「トキコ」だった。不器用に近づいていく二人の距離。物語の中にいる「トキコ」と、目の前にいる「柊時子」のあいだで、奇妙に絡まってゆく想い。出会うはずがなかった読者と主人公の物語。その結末にあるものは――。

上記が公式のあらすじです。

過去の出来事が原因で他人との関りを持たなかった晃の手には、いつも一冊の本がありました。「十四歳」というタイトルの小説。その物語、いや主人公トキコだけが、晃の心の支えでした。

高校に入学した晃は、同じクラスの柊時子と出会います。目の前の柊時子は名前だけでなく、「十四歳」の主人公トキコそのままのイメージでした。それもその筈、彼女は作者の柊ところの実妹で、小説「十四歳」のモデルだったのです。

時子に惹かれていく晃ですが、それは現実の時子なのか、それとも物語の主人公トキコへの想いなのか?という葛藤が生まれます。同時に物語が進み、時子との距離が近づくにつれて、時子とトキコが乖離していくことに晃は気づきます。

現実の時子は高校1年生になり、十五歳になっています。しかし物語の中にいるトキコは十四歳のままなのです。

トキコという存在を、晃も時子もどう受けて止めていくのか?時子の想いは、作中の次回作「十五歳」で明らかになっていきます。

若干というか、相当ネタバレ感のあるレビューですが、結末は皆さんで確認してください。

 

関連記事

  1. 佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sh…
  2. 父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話 / 渡辺…
  3. ぬこー様ちゃん絵日記集 / ぬこー様ちゃん
  4. まちまち / かがみふみを
  5. 今日もカレーですか? / 原作:藤川よつ葉 作画:あづま笙子
  6. フィルター越しのカノジョ / 大箕すず
  7. 三角の距離は限りないゼロ / 著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten…
  8. それでも町は廻っている / 石黒正数

おすすめ記事

表紙は写真集の顔です!

キンドルコミッククリエイターを立ち上げる前に、本の顔であり、売り上げを左右する表紙を作ります!…

結構重要で重大なトラブル

Kindleで第二版を出したいのですが、データが更新されません。どういうこと?Tel…

MahitoX / ドブ臭い血を吐くあとにソーダ水

MahitoXさん初の俳句集「ドブ臭い血を吐くあとにソーダ水」が発売になりました。…

Kindle個人勢は、出し続けるしか活路はないのです。

新作を発表しないと売り上げが落ちます。はい、Kindle個人勢あるあるですね。まぁKindle個人…

暇な方こそKindle Unlimited!!

貧乏暇なしと昔から言いますが、アレは嘘ですね。貧乏暇だらけ。暇しかない。だってお金ないと外出できな…

電子書籍を押し売りしてみた。

そうだ、電子書籍を売りに行こう。電子書籍の行商に出よう。そう思いました。今になって思えば、…

Kindle出版物のご紹介

Mahitox / 盗撮と間違えられて夏の海

Mahitox俳句集第三弾「盗撮と間違えられて夏の海」発売しました!第一弾に比べて、なぜか…

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

MahitoX / 死にたいね君が呟く冬布団

MahitoX俳句集第二弾「死にたいね君が呟く冬布団」が発売になりました。写真とモザイク…

PAGE TOP