Kindle本レビュー

日記漫画 札幌の六畳一間 / 根本尚

本日ご紹介するのは「日記漫画 札幌の六畳一間」(根本尚著)です。

単行本なし、受賞歴なし、アシスタント歴なし、担当に会ったことなしの北海道在住の漫画家・根本尚の日常生活がディープに語られる!?

Amazonでこの作品のサムネイルがオススメとして表示された時、昭和の漫画の復刻版だと思いました。赤色エレジーみたいな世界?赤色エレジーってよく知らないけど。

えーと、全然違いました。普通に現代のお話です(笑)札幌の家賃二万円の六畳一間で暮らしながら漫画を描き続ける作者の日常を描いた日記漫画でした。木造30年の物件とはいえ、バストイレ付きでこの家賃は凄いなとまず思いました。現代と書きましたが2020年代ではなく、発売日の2017年5月26日という情報と、作中に出てくるイカ娘などのキーワードから想像するに、2010年代初頭から半ばまでのエピソードのようです。



漫画家の日常なので、確かに創作に関する内容が多いのですが、それを含めたとしても、コインランドリーやストーブ、激安米など、独身貧乏男子の生活メインになっていて、哀愁の中に笑いが詰まっている作品です。

作者の年齢は分かりませんが、就職や結婚など、実家からの圧力が描写されていないことを考慮すると、まだまだお若い方だと推察できます。この作品を何度か読み返していると、誰の本だったのかは忘れましたが、後書きか帯かに「青春とは貧乏だ」と記されていたのを思い出しました。

そうなんです、青春は基本的に貧乏なのです。貧乏がネガティブではない季節。貧乏でも許されるモラトリアム、それが青春なのです。貧乏を笑い飛ばせるパワーこそ若さだと言えます。残念ながらこの作品は1話4ページ、42話しか収録されていません。全然読み足りないです。読み足りないと読者に思わせるパワーもまた、若さが作り出す力だと思いました。

決してお洒落でもなく、かといって惨めでもなく、日々を生きる若者の少し眩しいエピソード。もちろんアンリミテッド対応!オススメです!





関連記事

  1. つよくてニューゲームなラブコメ / 屋乃啓人
  2. 父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話 / 渡辺…
  3. 極主夫道 / おおのこうすけ
  4. まちまち / かがみふみを
  5. 廻る学園と、先輩と僕 Simple Life / 著者:九曜 イ…
  6. カワセミさんの釣りごはん / 匡乃下キヨマサ
  7. ちひろさん / 安田弘之
  8. オーロラ見たくてふらりフェアバンクス: ハワイ帰りのアラスカ立寄…

おすすめ記事

Kindle本作ります。お仕事ください。全財産200円です。

Kindle本を作り始めて5年が過ぎましたが、この間に約40冊の写真集を制作依頼いただきました。…

次の売れ筋を考えてみる

5年近く電子書籍を制作販売してきました。まったくの手探り状態で4人の作家(自分を含むのでこ…

女の穴 / ふみふみこ著

今回ご紹介するのは「女の穴」ふみふみこ著です。タイトルがアレですが、この穴は「目」のことで…

めんつゆひとり飯 / 瀬戸口みづき

本日ご紹介するのは「めんつゆひとり飯」瀬戸口みづき著です。会社員の面堂露は超がつくめんど…

同じジャンルの作品が市場に過剰供給されること

電子書籍を出すというのは、決して目的ではなく手段なのです。でも目的と手段を見失うことってあ…

あきたこまちにひとめぼれ / 古谷光平

本日ご紹介するのは「あきたこまちにひとめぼれ」古谷光平著です。約280種類あり、味も形も…

Kindle出版物のご紹介

Mahitox / 盗撮と間違えられて夏の海

Mahitox俳句集第三弾「盗撮と間違えられて夏の海」発売しました!第一弾に比べて、なぜか…

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

MahitoX / 死にたいね君が呟く冬布団

MahitoX俳句集第二弾「死にたいね君が呟く冬布団」が発売になりました。写真とモザイク…

PAGE TOP