電子書籍ニュース&雑文

E Bookはオワコンなのか?/ オーディオブックの台頭

イギリスのタイムズ紙によれば「オーディオブックの売上予測は電子書籍を追い越し、収益は30%増加」とのこと。

Audiobook sales forecast to overtake ebooks with revenue rising by 30 per cent(原文・最後まで読むには会員登録(有料)が必要)

オーディオブックとは、書籍を朗読したもので、有名俳優や声優らがナレーションを担当している。要するに本を目で読むのではなく、耳で聞くスタイルの読書方法ということだ。(実はアマゾンにもAudibleという、オーディオブックサービスが存在する)

英タイムズによると、イギリス人の26%しかKindleなどの電子書籍リーダーを所有しておらず、それは2015年度の31%から減少しているとしている。

ただこれには電子書籍リーダーアプリをインストールしたスマートフォンやタブレットは含まれていないと思われる。

オーディオブックにもメリットデメリットはあるだろうが、電子書籍がオーディオブックに押されて、このまま衰退していくとは考えにくい。なぜなら電子書籍を牽引しているコンテンツはマンガだ。マンガを朗読されても意味はない。

また普通の文学作品などなら問題ないだろうが、マンガに次ぐコンテンツであるライトノベルになると、一人のナレーター対応ではユーザーはまったく反応しないであろう(アニメ化された場合は、主人公やヒロインを人気声優が担当する)複数の人間が朗読を担当すれば、もうそれはドラマCDと呼ばれるジャンルだ。

そもそも、電子書籍とオーディオブックの対立構図は考えにくい。将来的にはオーディオブック機能を備えた電子書籍が登場することは、容易に想像できる。文章も読めるし、朗読も聞ける、ハイブリッドブックスの出現だ。

オーディオブックを脅威に感じるとすれば、それは電子書籍ではなく紙の本だろう。

Amazonオーディオブック audiobook.jp

 

関連記事

  1. 電子書籍の減少傾向に歯止め(米国)
  2. 立ち読みシステムを提言したいのです。
  3. コミックヘヴィユーザーにKindleを勧めてみた
  4. 紙の本vs電子書籍 優れているのはどっち?
  5. 同じジャンルの作品が市場に過剰供給されること
  6. 誰がいつどこで電子書籍を読んでいるのか?
  7. たくさんの写真集を出したい!
  8. 電子書籍を作る楽しみ

おすすめ記事

謹賀新年 2020年初売りでKindle本ライフを始めよう!

新年明けましておめでとうございます。今年もMamegohan Digital Publish…

営業先を間違えてたみたいです。

電子書籍を作ってみたいと思う年齢層って、比較的高齢層だと思うんですよ。何かしらデータがある訳ではな…

GR biyori / OSAKA candid My average day

僕の場合、人生の一大事は、だいたい自分を中心に半径数メートルで起こります。というか、そもそも一大事な…

電子書籍の写真集制作代行が向かう場所

「電子書籍リーダー/所有率」などでネット検索すると分かるが、Kindleなど専門リーダーの普及率は、…

次の売れ筋を考えてみる

5年近く電子書籍を制作販売してきました。まったくの手探り状態で4人の作家(自分を含むのでこ…

GR biyori / おっさん飯 三杯目

おっさん飯 三杯目: 今日も一人で、いただきます。の販売を開始しました。他の追随を許さない、新ジ…

Kindle出版物のご紹介

Mahitox / 盗撮と間違えられて夏の海

Mahitox俳句集第三弾「盗撮と間違えられて夏の海」発売しました!第一弾に比べて、なぜか…

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

MahitoX / 死にたいね君が呟く冬布団

MahitoX俳句集第二弾「死にたいね君が呟く冬布団」が発売になりました。写真とモザイク…

PAGE TOP