出版物紹介

GR biyori / All things must pass.3

すべてはいつか終わってしまう。
僕の「物語」たちが、終焉に向かう記録。
終わりを記録した「All things must pass.」シリーズ第三弾。

陳腐な表現だけれど、物語が集まって、人生になるのだろう。
この物語は僕の人生にとって重要か否か。
おそらく不要ではないけれど、重要でもなかったんだろう。
彼女にとっても、きっと同じ程度の意味しかもってはいない筈だ。

ほんの一瞬だけの怠惰な時間。
そういう気怠さが表現できれば良いなと思います。

第三弾は、写真のみで構成されています。

All things must pass.の第三弾、発売しました。

正直なところ、まだ試行錯誤の途中です。同じ名前ですが、1とはまったく異なる感じですね。2と3で、ようやくシリーズものの体裁が見えてきたような気もするのですが、人の心に響く編集が出来たとは、まだ言えない気がします。

このシリーズのテーマは、終焉の記録です。終わってしまった「何か」を、淡々と写真で表現できたらと思っています。いくつもの「終わり」を繰り返して、人生は構築されていくんでしょう。そういう意味では、本当に「終わった」と実感した記録を表に出すのは、身を裂かれるようなもので、まだ手を出せずにいます。リアルすぎて痛すぎる終わりを、客観視することは、今の僕にはできません。その及び腰が、このシリーズのインパクトを弱めているような気もしています。

この写真集は、一年の記録です。ある一年間だけの軽薄で刹那の写真を集めています。人生において、意味のない記録かもしれません。そこには微塵も痛みはないのですから。

写真集に限らず、何かを発表して人に見て貰う時って、撮影や編集なんて作業以前に、思索力が大切だと思うんですよ。考えて考えて、それを形にしなければ、薄っぺらいものになってしまうんです。

この写真集は、作るまでの思索力が少ないので、本当に薄っぺらい内容です。でもそれはデメリットだけではないと思います。薄っぺらいからこそ、軽薄で刹那の、ほんの一瞬の邂逅が表現できるのも事実です。この写真集のモデルが微笑んでいるのは、確かに僕に対してですが、その微笑みは、親密でありながら、ひどく曖昧な笑顔なのです。互いの人生に、何の傷跡も残さない笑顔。

そういう取るに足らない出会いと別れ、別れさえも明瞭ではなく、気づけば何となく疎遠になっていた。そんなふわふわとした空気感を伝えられたら、成功かもしれません。

関連記事

  1. 篠 有里 / Fragments
  2. GR biyori / All things must pass…
  3. イタニシモトキ / Good day sunshine.
  4. GR biyori / おっさん飯: 今日も一人で、いただきます…
  5. GR biyori / OSAKA candid 19,20
  6. GR biyori みよん♂ / リーマンズライフ公式復刻版
  7. GR biyori / おっさん飯 おかわり。
  8. GR biyori / OSAKA candid 6 My av…

おすすめ記事

紙の本はなくならない(今のところは……)

電子書籍にはない「触感」を 装幀家・菊地信義のドキュメンタリー映画公開AERA dot.に装幀家…

Kindle Comic Creatorで写真集を作る!!

ネット検索をしていて、Kindle出版に関する情報が、すべて古いことに気づきました。検索の仕…

世間とセンスがズレてます

売れたいです(挨拶)ぶっちゃけた話、kindle本の売り上げだけで生活したい。ギリ無理。あ…

暇な方こそKindle Unlimited!!

貧乏暇なしと昔から言いますが、アレは嘘ですね。貧乏暇だらけ。暇しかない。だってお金ないと外出できな…

限界集落(ギリギリ)温泉 / 鈴木みそ

今回ご紹介するのは「限界集落(ギリギリ)温泉」鈴木みそ著です。満を持してのご紹介です!約1…

GR biyori / OSAKA candid 13 2019 前半戦

OSAKA candid 13 発売を開始しました!オッサンのイキザマを写真とぼやきで綴るOSA…

Kindle出版物のご紹介

GR biyori / OSAKA candid 19,20

OSAKA candid 19,20発売しました!2018年にMamegohan Digi…

Mahitox / 盗撮と間違えられて夏の海

Mahitox俳句集第三弾「盗撮と間違えられて夏の海」発売しました!第一弾に比べて、なぜか…

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

PAGE TOP