出版物紹介

GR biyori / All things must pass.2

すべてはいつか終わってしまう。
僕の「物語」たちが、が終焉に向かう記録。
終わりを記録した「All things must pass.」シリーズ第二弾。
陳腐な表現だけれど、物語が集まって、人生になるのだろう。
この物語が僕の人生にとって重要か否か、正直なところ、まだ分からない。
怠惰に、ただ怠惰に過ごした彼女との時間。
どんなに美辞麗句を並べても、僕にあったのは性欲だけだった。

第二弾は、写真+掌編です。
掌編小説のイメージを、写真で表現してみました。

All things must pass.シリーズ第二弾。僕と彼女の15年間の物語の終焉がテーマです。All things must pass.シリーズは、終わってしまった物語の記録を紡ぐものですが、まだ試行錯誤の段階です。この2は、その模索中の一つの答えとして見ていただけたらと思います。

「僕」にとって彼女は、決してそれだけではなかったとはいえ、性欲を処理してもらうだけの存在でした。それでも良いという彼女に甘えた結果です。女性からしてみれば、唾棄すべき男ですね(笑)

怠惰に、ただ怠惰に時間は流れました。性欲処理という言葉を先に使いましたが、リアルには、数えるほどしか彼女とセックスをしていないのです。抱くこともしなかった。面倒くさいから、手と口でしてよ、みたいな。この先どうなるのか、どうするのか、何も考えてもいなかった時代。「僕」は二十代から三十代になり、彼女は十代、二十代が過ぎて、まもなく三十を迎えようとしていました。

ただこの場合の「僕」というのは、作者とイコールではないのです。あくまで物語ですから。そういう現実と虚構のせめぎ合いを表現するには、写真というのは生々しいなと思いました。写真は役者が演じるドラマや小説と違って「真実」っぽい印象を拭えないからです。これを見た人の多くが、ノンフィクションだと思い込むでしょう。それは制作者としては狙ったことなのですが、読者に思考させる隙を与えないという意味では、表現としては失敗だったかなと反省しています。なので、まだ試行錯誤の段階なのです。

 

関連記事

  1. GR biyori / OSAKA candid 10 2018…
  2. GR biyori /こんなハズじゃなかった未来の上に、今ぼくは…
  3. イタニシモトキ / 撮影データを確認して気づいたのだが、俺は女子…
  4. GR biyori / OSAKA candid My aver…
  5. GR biyori / おっさん飯: 今日も一人で、いただきます…
  6. 篠 有里 / Fragments
  7. GR biyori / 西成candid
  8. GR biyori / All things must pass…

おすすめ記事

GR biyori / My average day #002

Mamegohan Digital Publishing第二弾ヘアヌード写真集「My average…

GR biyori / OSAKA candid 13 2019 前半戦

OSAKA candid 13 発売を開始しました!オッサンのイキザマを写真とぼやきで綴るOSA…

GR biyori / My average day #001

My average day #001Mamegohan Digital Publishin…

ついにアダルト写真集を販売開始しました!

我がMamegohan Digital Publishing所属のクリエイター、イタニシモトキ氏が、…

三角の距離は限りないゼロ / 著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten

三角の距離は限りないゼロ著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten今回ご紹介するのは「三角の距離…

お詫び

大変申し訳ございません。6/14~26日にこちらから送信した、お問い合わせに対するメールが送…

OSAKA candid My average day

Kindle製作日記

ついにアダルト写真集を販売開始しました!

我がMamegohan Digital Publishing所属のクリエイター、イタニシモトキ氏が、…

2019年度電子出版物のご案内。というか、買えと言ってるんですよ!

二年目を迎えた弱小電子書籍出版プロジェクト、Mamegohan Digital Publishing…

リフロー型を作る時期に来ているらしい

リフロー型の電子書籍の制作依頼が来ているのだけど、残念ながらすべて断ってます。なぜか?…

結構重要で重大なトラブル

Kindleで第二版を出したいのですが、データが更新されません。どういうこと?Tel…

PAGE TOP