出版物紹介

GR biyori / All things must pass.2

すべてはいつか終わってしまう。
僕の「物語」たちが、が終焉に向かう記録。
終わりを記録した「All things must pass.」シリーズ第二弾。
陳腐な表現だけれど、物語が集まって、人生になるのだろう。
この物語が僕の人生にとって重要か否か、正直なところ、まだ分からない。
怠惰に、ただ怠惰に過ごした彼女との時間。
どんなに美辞麗句を並べても、僕にあったのは性欲だけだった。

第二弾は、写真+掌編です。
掌編小説のイメージを、写真で表現してみました。

All things must pass.シリーズ第二弾。僕と彼女の15年間の物語の終焉がテーマです。All things must pass.シリーズは、終わってしまった物語の記録を紡ぐものですが、まだ試行錯誤の段階です。この2は、その模索中の一つの答えとして見ていただけたらと思います。

「僕」にとって彼女は、決してそれだけではなかったとはいえ、性欲を処理してもらうだけの存在でした。それでも良いという彼女に甘えた結果です。女性からしてみれば、唾棄すべき男ですね(笑)

怠惰に、ただ怠惰に時間は流れました。性欲処理という言葉を先に使いましたが、リアルには、数えるほどしか彼女とセックスをしていないのです。抱くこともしなかった。面倒くさいから、手と口でしてよ、みたいな。この先どうなるのか、どうするのか、何も考えてもいなかった時代。「僕」は二十代から三十代になり、彼女は十代、二十代が過ぎて、まもなく三十を迎えようとしていました。

ただこの場合の「僕」というのは、作者とイコールではないのです。あくまで物語ですから。そういう現実と虚構のせめぎ合いを表現するには、写真というのは生々しいなと思いました。写真は役者が演じるドラマや小説と違って「真実」っぽい印象を拭えないからです。これを見た人の多くが、ノンフィクションだと思い込むでしょう。それは制作者としては狙ったことなのですが、読者に思考させる隙を与えないという意味では、表現としては失敗だったかなと反省しています。なので、まだ試行錯誤の段階なのです。

 

関連記事

  1. GR biyori / Ziri貧王子と赤貧騎士団: ~コロナで…
  2. GR biyori / OSAKA candid 17
  3. イタニシモトキ / 恋、はじまりの頃。
  4. GR biyori /こんなハズじゃなかった未来の上に、今ぼくは…
  5. GR biyori / OSAKA candid 7 My av…
  6. MUSHOKU【ムショク】創刊号
  7. GR biyori / OSAKA candid My aver…
  8. GR biyori / OSAKA candid 12 2018…

おすすめ記事

給料日のグルメ / 楠本哲

本日ご紹介するのは「給料日のグルメ」楠本哲著です。誰もが楽しみな給料日!!真面目一徹サラ…

婚活バトルフィールド37 / 猪熊ことり

本日ご紹介するのは「婚活バトルフィールド37」猪熊ことり著です。大手派遣社員・赤木ユカは…

次の売れ筋を考えてみる

5年近く電子書籍を制作販売してきました。まったくの手探り状態で4人の作家(自分を含むのでこ…

アフィリエイト収入がなくなりました。

Amazonさんのバナー広告が廃止されたことはお伝えしましたが、これかなり影響あるみたいで驚いてま…

GR biyori / 加速する貧乏

関係あるようなないような写真とともに叙情詩を綴る「おっさんぽえむ」シリーズ第6弾、加速する貧乏が発…

2019年度にアニメ化されたライトノベル売上ランキング発表 ~あなたの推し作品は?人気投票実施中!布教に使えるhonto電子書籍クーポンをプレゼント!~

2019年度にアニメ化されたライトノベル全18作品(2019年11月13日調べ)の書籍売上ランキング…

Kindle出版物のご紹介

GR biyori / OSAKA candid 19,20

OSAKA candid 19,20発売しました!2018年にMamegohan Digi…

Mahitox / 盗撮と間違えられて夏の海

Mahitox俳句集第三弾「盗撮と間違えられて夏の海」発売しました!第一弾に比べて、なぜか…

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

PAGE TOP