電子書籍ニュース&雑文

角川文庫・ラノベ読み放題 / 作家の待遇は?

株式会社KADOKAWAと株式会社ブックウォーカーが、電子書籍総合ストアBOOK☆WALKERにて、今月3日から小説の定額制読み放題サービス「角川文庫・ラノベ読み放題」をスタートさせた。

対象書籍は10,000点以上とのことだが、チェックしたところ、さすがに最新刊は読み放題になってはいないようだ。

ただ月額780円という文庫本1冊程度の価格でラノベを読み放題というのは、中高生などのライトノベルユーザーにとっては非常に魅力的だろう。

ライトノベルだけではなく、森村誠一の「人間の証明」など、名作も網羅されているのも興味深い。

嫌らしい話だが、このサブスクリプション方式で作品が読まれた作者への対価がどれくらいになるのかが、気になるところだ。

Kindleのアンリミテッドであれば、作者は1ページあたり0.5円の収入を得ることになる。

「角川文庫・ラノベ読み放題」対象作品で、私の好きな作家の場合、1作品が約300ページ前後になる。Kindleと同じような価格設定なら、一冊レンタルされて、約150円という皮算用だ。

作家に対して「角川文庫・ラノベ読み放題」が美味しい企画かどうかは分からないが、企業側としては、既にある、しかも電子化されているデータを使って新しいコンテンツを開発できることは、かなりのメリットだと言えよう。

将来的に、たとえば月額5,000円程度かかっても良いので、新刊もすべて読み放題になるサービスが開始されれば、電子書籍の市場はさらに拡大するのではないだろうか?

その場合も、結局のところコンテンツの浮沈を握っているのは作家なので、作家の待遇を第一に考えてほしいものだ。

【角川文庫・ラノベ読み放題】公式サイト

「角川文庫・ラノベ読み放題」の料金は月額760円(税抜)(※Apple ID決済は840円(税込))2020年1月31日(金)までの間は無料。

 

 

関連記事

  1. 電子書籍の減少傾向に歯止め(米国)
  2. 今さら「電子書籍って何?」
  3. 同じジャンルの作品が市場に過剰供給されること
  4. アフィリエイト収入がなくなりました。
  5. 電子書籍を作る楽しみ
  6. 紙の本vs電子書籍 優れているのはどっち?
  7. E Bookはオワコンなのか?/ オーディオブックの台頭

おすすめ記事

EPUBにチャレンジ

PDFでの写真集は失敗(?)に終わりました。作ることは可能でしたが、思っていたものと違ってい…

西沢5ミリ短編集 元カノに幻想を抱くなバーカ / 西沢5ミリ

Kindle本レビュー、本日は人気イラストレーターである西沢5ミリ氏の短編集「元カノに幻想を抱くな…

イケメン夫はゴリラ妻とプリティ娘を愛しすぎてる / 伊達しのぶ

今回ご紹介するのは伊達しのぶ著「イケメン夫はゴリラ妻とプリティ娘を愛しすぎてる」です。元…

売れ筋の旧作をメインにするべき?

その月に最も売れるのKindle本は基本的に新作なのですが、新刊を出さない月は同じタイトルが売れる…

スラム団地 / 松田奈緒子

今回ご紹介するのは「スラム団地」松田奈緒子著です。日本に団地がにょきにょき建ってた197…

むりくり需要を生み出すには?

電子書籍を売ってはいますが、作り手としては実は紙の本が好きです。本に限らず、ポスターやフライヤーな…

Kindle出版物のご紹介

Mahitox / 盗撮と間違えられて夏の海

Mahitox俳句集第三弾「盗撮と間違えられて夏の海」発売しました!第一弾に比べて、なぜか…

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

MahitoX / 死にたいね君が呟く冬布団

MahitoX俳句集第二弾「死にたいね君が呟く冬布団」が発売になりました。写真とモザイク…

PAGE TOP