Kindle製作日記

電子書籍で雑誌はアリなのか?

大阪の街にも外国人観光客が戻ってきました。

コロナでインバウンドが激減する以前、観光客が電車内でkindle読書をしているのを何度も目撃しました。記憶にある限りすべて白人。高野山行きの電車内なので、ある程度インテリゲンチャな方だったのかもしれませんが、横目で見ながら「あーkindleってモノクロなんだ」と思った記憶があります。

当時は名称など知りもしなかったのですが、チラ見した電子書籍はどれもリフロー型でした。まぁ電子書籍ってのはそもそもリフロー型メインで出発してるんで当然と言えば当然なのですが。

何が言いたいかと申しますと、固定レイアウトで雑誌のように自由なデザインの書籍を作りたいんだけど、それって現実的なの?ってことです。



モノクロのkindleでは画像化したテキストは綺麗に表示されません。それ以前にkindleやスマホアプリ版で雑誌を読むことは現実的なのか疑問です。

実際に雑誌はキンドルで発売されています。当然どれも固定レイアウトです。商品には「この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません」という注意書きがされています。

要するに売ってるAmazon側も雑誌はkindleではなくタブレットのアプリ版で見ろと推奨しているのです。

ではそもそもタブレットはそこまで普及しているのか?少し検索した結果、以下のようなデータを発見しました。

まずは全般的な世帯普及率。単身世帯は25.4%、二人以上世帯は44.8%。単身世帯ではおおよそ4世帯に1世帯、二人以上世帯では5世帯に2世帯以上がタブレット型端末を保有していることになる。

http://www.garbagenews.net/archives/2157611.html

まぁそこそこ普及してるっぽい印象でしょうか?よく考えたら我が家も寝室と風呂と持ち運び用に3台のiPadがあります。

これまでMamegohan Digital Publishingで出版した電子書籍は、iPad推奨で作ってきましたが、スマホでも見られるよう、テキストは最低限のサイズを保ってきました。雑誌形式になると一々拡大表示しない限り、スマホでの閲覧は厳しいことになりますが、タブレットが想像以上に普及しているのであれば、チャレンジするのもアリかもしれません。

また電子書籍の雑誌にはいくつかのメリットがあります。これについては次回説明しましょう。





関連記事

  1. EPUBにチャレンジ
  2. Kindle個人勢は、出し続けるしか活路はないのです。
  3. パブーで写真集を作ってみた
  4. 一太郎でリフロー型電子書籍を作る③
  5. Kindle出版に必要な承諾書
  6. JAPAN OSAKA candid 発売と適正価格について
  7. 一太郎でリフロー型電子書籍を作る①
  8. Gcolleでアダルト写真集を出したいと、相方がしつこすぎて嫌に…

おすすめ記事

踊り場にスカートが鳴る / うたたね游

今回ご紹介するのは「踊り場にスカートが鳴る」(うたたね游著)の第1巻です。桜ヶ森高校・社…

令和初の年末年始、電子書籍を読もう! ディスカヴァー電子書籍祭りスタート!書籍診断でAmazonギフト券が当たるTwitterキャンペーンも実施中!

ディスカヴァー・トゥエンティワンのプレスリリースより。株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワ…

GR biyori / 西成candid

2010年から2020年までの10年間、西成区の主として「あいりん地区」や「釜ヶ崎」と呼ばれる場所の…

今さら「電子書籍って何?」

電子書籍とは何か詳しいことは、ちゃんとしたサイトが解説してくれているので、そっちをご覧ください(笑…

新年早々またBOOTHで垢BANされました

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。今年もぼちぼち電子書籍を出していきますので、M…

Kindle読書向きのガジェットはFire7、Fire8どちらなのか?

kindle本の動作チェック、誤字脱字や落丁乱丁の確認のために使っていたAmazonのFire7が…

Kindle出版物のご紹介

GR biyori / OSAKA candid 19,20

OSAKA candid 19,20発売しました!2018年にMamegohan Digi…

Mahitox / 盗撮と間違えられて夏の海

Mahitox俳句集第三弾「盗撮と間違えられて夏の海」発売しました!第一弾に比べて、なぜか…

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

PAGE TOP