Kindle製作日記

JAPAN OSAKA candid 発売と適正価格について

先日アメリカのAmazonをメインに「JAPAN OSAKA candid」を発売しました。日本での購入は敢えて不可能にしています。写真は7割ほどこれまでに「OSAKA candid」で使用したものを使い回しています。テキストは英語ですが、ぼくの「ぼやき」とも「呟き」とも言えない文章を英語で面白おかしく表現できる自信がなかったので、非常に少なめです。

初の試みとしてコピー可能(購入した人は常識の範囲内で家族友人間などで貸し借りができる)の設定にしています。また再販以外のネット使用も許可しました。ぼくの写真なんてよく素人写真ブログで見るような「著作権!」とか「転載禁止!」なんて声高に気炎を上げる内容じゃないですしおすし。

この「JAPAN OSAKA candid」は、Mamegohan Digital Publishingが出版したKindle本の中では最高額の7ドルで販売しています。ロイヤリティは108円本以外は70%に設定しているのですが、アメリカでは7割設定にすると本の配信コストというものが取られるので、35%にしています。

日本ではこの配信コストは取られませんが、他の国のマーケットプレイスではすべて設定されていて、70%に設定すると、価格が低いと本が売れても売り上げ0円というお店屋さんごっこみたいな状況になってしまいます。イギリスでは設定できる最高価格9.9ポンドにしても、70%設定だと売り上げ0円です。これが海外での売り上げが毎月数円しかない原因だと言えます。

数は出ているのに売り上げがないのは、そもそもの価格設定が低すぎることが原因ですが、だからと言って1,000円超えの金額を設定する厚顔無恥さは今のところありません。しかしそろそろ適正価格がいくらなのかを、真面目に考える時期なのかもしれません。

またどうして海外の読者はアンリミテッドではなく、購入が多いのかも気になるところです。もしかしたらアンリミテッドの売り上げは各国の銀行からではなく、日本のAmazonで合算されて入金されているのでしょうか?こういうシステムの詳細は、どこで調べれば良いのでしょうね?





関連記事

  1. パブーで写真集を作ってみた
  2. ポストカードを作りました!
  3. Kindle Comic Creatorで写真集を作る!!
  4. Kindleはアダルト写真集の個人販売を認めない?
  5. Kindleすげぇ!
  6. プラットホームの限界?
  7. Kindle個人勢は、出し続けるしか活路はないのです。
  8. パンフレットの電子書籍化での注意点

おすすめ記事

怪しい壺買ったら、中から美少女が出てきた話。/ 根田啓史

本日は「怪しい壺買ったら、中から美少女が出てきた話。」(根田啓史著)をご紹介します。ニー…

富江 / 伊藤潤二

今回ご紹介するのは「伊藤潤二傑作集(1)富江」です。川上富江は、長い黒髪、妖しげな目つき…

出没!ビール女子 / 猫原ねんず

本日ご紹介するのは「出没!ビール女子」猫原ねんず著です。ヴァイツェン、ギネス、サッポロ生…

アマゾンでは現在「【最大50%】Kindle本冬のポイント還元キャンペーン」を実施中だ。※キ…

GR biyori / OSAKA candid My average day 2

前作より写真数もテキスト数も大幅アップ。生まれてこの方、人生の一大事は自身の半径3メートル以内でしか…

ナナのリテラシー1

この作品が出版された時、物語は現状から未来に向かう話でしたが、今読むと、もう過去の記録でした。電…

Kindle出版物のご紹介

GR biyori / OSAKA candid 19,20

OSAKA candid 19,20発売しました!2018年にMamegohan Digi…

Mahitox / 盗撮と間違えられて夏の海

Mahitox俳句集第三弾「盗撮と間違えられて夏の海」発売しました!第一弾に比べて、なぜか…

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

PAGE TOP