電子書籍ニュース&雑文

誰がいつどこで電子書籍を読んでいるのか?

最近更新頻度が落ちているのですが、ちゃーんと理由がございます。

欺されたのです(笑)

欺されて有意義なる夢織生活が中断させられています。労働させらているのです。しかも社長業。でも給料は課長クラス。歴代の就職先と比較して、段違いに忙しい職場で、記事を書いてる暇もありません。1時前には布団に入って、6時には起き上がってます。夢織とは真逆の生活。病んでしまいそうです。

毎日満員電車を二路線乗り継いで通勤してます。満員電車も久々なので毎朝ウンザリしています。

電車に乗っているのは15分ほどです。その間に音楽を聴きながら何となく周囲を観察しているのですが、あんな状況下でもみんなスマホを見ています。数えてみると、目が届く範囲20人のうち、19人がスマホを手にしてました。見てなかった一人は、座れた運良き民で寝ていたので、実質100パーセントが車内でスマホを眺めていました。



他人のスマホを覗き込む趣味はないのですが、あくまでこの記事のためにチラ見しました。XというかTwitterだったりインスタなどSNSを見てる人、ゲームをやってる人、漫画を読んでる人が多い印象です。ビジネスマン多めなのにニュースサイトを見てる人はここ数日では皆無でした。

ここで気になったのは、誰も電子書籍を見ていないことでした。漫画に関してはおそらく読み放題系のアプリでKindleなどではありません。

朝の満員電車で本を読む余裕がないのでしょうか?

そもそも満員とか通勤時間とか無関係に、電車内で電子書籍リーダーを持ってる人を見たことがありません。皆さんスマホのアプリを利用しているのかもしれませんが、Kindleを読んでいるのを見たのは外国人のみです。

かつて世界遺産高野山に向かう路線を利用していたのですが、そこではかなりの確率でKindleを持っている外国人を目にしました。ほぼ白人だった印象です。今通勤以外で利用するのは難波と奈良を繋ぐ路線で、日中だとそれなりに外国人観光客が乗っているものの、誰もKindleを持っていません。この路線上の差は何なんでしょうか?

Kindle本の新作は、それこそ毎日のように発売されています。発売されているってことは売れていることなんでしょうが、本当に読まれているのか不安になってきます。確かにmamegohan dpで販売している電子書籍も、日々売れています。毎日何冊かは購入していただいたりレンタルされているのです。

でも読んでる人を見かけない。

誰がいつどこで電子書籍を読んでいるのか。

今さらながら疑問です。





関連記事

  1. どうなる?動画と電子書籍の関係
  2. 電子書籍の違法ダウンロード/海賊版が増える
  3. 立ち読みシステムを提言したいのです。
  4. E Bookはオワコンなのか?/ オーディオブックの台頭
  5. Kindleはオワコンなのか? 1
  6. AIと著作権
  7. 角川文庫・ラノベ読み放題 / 作家の待遇は?
  8. Kindle個人勢は、出し続けるしか活路はないのです。

おすすめ記事

Kindleでゲームブック!?

ゲームブックってご存知ですか?昭和の時代にゲームブックなるジャンルが流行ったらしいです。…

1920px×1200pxでトリミング

集めた写真をKindleで見られるサイズにします。→Amazonのアカウントを取る方法→…

イタニシモトキ / 撮影データを確認して気づいたのだが、俺は女子高生の太ももが大好きなのかもしれない。

女の子のポートレイト。モデルが女子高生の時限定なんだけど、やけに「太もも」をクローズアップしたり…

Kindle Comic Creatorで写真集を作る!!

ネット検索をしていて、Kindle出版に関する情報が、すべて古いことに気づきました。検索の仕…

販売数が激減しました!

Amazonさんのバナー広告が廃止され、どんな影響があるのか呑気に推移を見守ってきた訳ですが、恐ろ…

ふぉとくら / きゃたつ

本日ご紹介するのは「ふぉとくら」きゃたつ著です。大学写真部の男女4人わちゃわちゃコメディ…

Kindle出版物のご紹介

GR biyori / OSAKA candid 19,20

OSAKA candid 19,20発売しました!2018年にMamegohan Digi…

Mahitox / 盗撮と間違えられて夏の海

Mahitox俳句集第三弾「盗撮と間違えられて夏の海」発売しました!第一弾に比べて、なぜか…

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

PAGE TOP