Kindle本レビュー

オーロラ見たくてふらりフェアバンクス: ハワイ帰りのアラスカ立寄り日記 / はこざきえみ

今回ご紹介するのは「オーロラ見たくてふらりフェアバンクス: ハワイ帰りのアラスカ立寄り日記」(はこざきえみ著)です。

ハワイに住んだ後、オーロラを見るためだけにアラスカ・フェアバンクスに立ち寄ったときの滞在記です。ほかの旅行者さんとの交流や、気ままに訪れた場所を絵日記のようなイラストで紹介しています。果たしてオーロラを見ることはできるのか…!?
一人旅の宿泊先の見つけ方や服装選びのポイント、レンタカーの有無などもまとめています。一人旅やアラスカ旅行を考えている人の後押しができたら幸いです。

この作品はコミックではありません。手描きのイラストとテキストで構成されている、ずいぶんと手作り感あふれる温かい一冊です。



ハワイで一年半暮らした作者が、オーロラを見るためだけにアラスカに立ち寄った記録です。「旅の目的は少ない方がいい」と本書にも書かれていますが、オーロラを見るというシンプルな目的の旅なので、ハウトゥ本としてもまとまっている気がします。

フェアバンクスはアンカレッジに次ぐアラスカ州第二の都市ですが、最大都市のアンカレッジも日本の地方都市みたいなサイズなので、一人で滞在するのは良いチョイスだったと思います。オーロラもアンカレッジより見られるようです。

フェアバンクス滞在時にレンタカーはあった方がいいと書かれていますが、郊外まで行くのであれば、あった方がではなく、必ず借りた方が良いと思いました。アンカレッジの市内(ダウンタウン)のみ滞在するのなら、徒歩やレンタサイクルでも十分です。

この本で気に入ったのが「アラスカ旅行を考えている人の後押しができたら幸いです」というところでした。北極圏、最果てといったイメージのあるアラスカですが、その気になればすぐに行ける場所です。そして市街地も郊外も、非常に美しい場所です。

この本を読んで、一人でもアラスカに行く人がいれば、アラスカファンの一人として嬉しいです。はたして筆者はオーロラを見られたのか?ぜひ手に取ってみてください。





関連記事

  1. 西沢5ミリ短編集 元カノに幻想を抱くなバーカ / 西沢5ミリ
  2. フィルター越しのカノジョ / 大箕すず
  3. スラム団地 / 松田奈緒子
  4. アニウッド大通り / 記伊孝
  5. ちひろさん / 安田弘之
  6. 疲れた人に夜食を届ける出前店 / 中山有香里
  7. 優しい声よりメシがいい / 伊藤静
  8. ぼっち・ざ・ろっく! / はまじあき

おすすめ記事

結局売り上げは伸びたのか?

電子書籍の売り上げを3倍にしたい!と決意したのは、今年の3月。約4ヶ月前です。果たしてこの…

GR biyori / OSAKA candid 14 2019 後半戦

OSAKA candid 14 発売を開始しました!OSAKA candid 第14弾!!2…

17歳のキミへ。/ 吉良いと

今回ご紹介するのは「17歳のキミへ。」吉良いと著です。高校生の少年、飛鳥 未来(あすか …

三角の距離は限りないゼロ / 著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten

三角の距離は限りないゼロ著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten今回ご紹介するのは「三角の距離は限り…

山の音 / とり・みき

今回ご紹介するのは「山の音」(とり・みき著)です。とり・みきさんといえば勝手にギャグマンガ…

電子書籍の写真集制作代行が向かう場所

「電子書籍リーダー/所有率」などでネット検索すると分かるが、Kindleなど専門リーダーの普及率は、…

Kindle出版物のご紹介

GR biyori / OSAKA candid 19,20

OSAKA candid 19,20発売しました!2018年にMamegohan Digi…

Mahitox / 盗撮と間違えられて夏の海

Mahitox俳句集第三弾「盗撮と間違えられて夏の海」発売しました!第一弾に比べて、なぜか…

GR biyori / 無職日記

「無職日記」「無職日記2」発売を開始しました!コロナがその猛威を振るい始めた2020年6…

MUSHOKU【ムショク】創刊号

貧乏を楽しみクリエイトする男のマガジン「MUSHOKU【ムショク】」創刊です!仕事も生き…

PAGE TOP