電子書籍ニュース&コラム

電子書籍の写真集制作代行が向かう場所

「電子書籍リーダー/所有率」などでネット検索すると分かるが、Kindleなど専門リーダーの普及率は、非常に低いことが分かる。知人でもKindleを持っているのは六人しかおらず、しかもそのうち日本人はたったの一人だ。そういう私自身、電子書籍を作っているのに、Kindleを持っていない(一応Amazon Fireで動作確認しています)

電子書籍のコンテンツは確実に増えているのだが、ハードの方はスマホやタブレットのアプリが主流というのが現状だろう。専門リーダーは近い将来淘汰されるかもしれない。

このようにハードの未来は散々な状況だが、ソフトの方は着実に普及している。最近では紙の本と電子書籍が同時発売される作品も少なくない。

それでは個人出版という点では、電子書籍には、どのような未来が待っているのだろう。

昔から個人出版・自費出版というものがある。小説を書いている人、写真を撮っている人など、どうしても自作を「本」にしたいと願う人たち向けのサービスだ。もちろんほとんどの場合、単に書籍化するだけで、本となった小説や写真集が流通に載って、書店に並ぶことはない。知人に配ってお終いという感じだ。

この点、Kindleでは出版したものをAmazonで販売できる。従来の自費出版のように、出来た本を郵送しなくても、出版しましたとアドレスを伝えるだけで、見てもらうことが可能なのだ。

Kindle本を見ていると、どの分野でも、大きく分けて三つの本に分類できる。

  • 出版社が出した紙の本を電子化したもの
  • 個人が出しているが、クオリティの高いもの
  • 個人が出していて、クオリティの低いもの

最後のクオリティが低いというのは、内容ではなく(内容の場合もあるが)デザインなどの専門知識がない人や、編集ソフトを使っていないものを指す(実際、ワードでもKindle写真集は作れるのです)

一応Mamegohan Digital Publishingは、二番目の「個人が出しているが、クオリティの高いもの」を目指しているが、写真集に限ってはKindleでは他の分野よりも「個人が出していて、クオリティの低いもの」の割合が多いような気がする(あくまで個人の感想です)

これは電子書籍でも良いから、どうしても写真集を出したいと願う層が、ある程度いるという証拠だろう。

デジタルカメラの長足の進歩と普及、さらにスマホ内蔵カメラの高性能化に伴って、写真というものは、かつてないほど身近な存在になっている。写真を撮ってる人間を分類すると下のグラフのようになるだろう。

この中で自費出版に興味があるのは、ハイアマチュア、アマチュアのデジタルカメラを所持する層ではないだろうか。デジタルカメラでは撮影以上に、編集やレタッチの技術が必要になってくる。当然それにはPhotoshopなどのソフトが必要で、Adobe製品を使える人だと、相対的に技術力も高い人が多くなる筈なので、彼らが出す写真集は先の分類上、真ん中の「個人が出しているが、クオリティの高いもの」になるだろう。

ではスマホユーザーや写真集を出したいと思わないユーザーは、どうやって写真を発表しているのだろう?撮った写真を見せたいと思うのは、カメラを手にする人のほとんどが持つ想いだろうが、スマホユーザーに同じ気持ちがあるかと問われれば、それは疑問だろう。

写真とは個人的なものだ。スマホで気軽に撮るならなおさらだ。勝手な憶測だが、圧倒的なのは「見せたいとは思っていない」ユーザーではないだろうか?スマホユーザーで写真を見せたい人は、おそらく電子書籍で写真集を作るなんてまどろっこしい方法は取らず、インスタグラムを使うだろう。

やはり写真集を出したいと思うのは、カメラを所有している層に限られるのではないだろうか。その中でも、自分の想いに技術が追いついて来ない層、たとえばPhitoshopでもPhotoshop Elementsを使っていたり、Photoshopを持っていても使いこなせない人に対しては、写真集製作代行というのは、意味があるサービスだと思われる。

このサイトのメインコンテンツである「誰でも作れるKindle写真集」に書いてある通り、今や電子書籍は簡単に作れる時代だ。ほんの少し技術やセンスを磨くだけで、誰でもクオリティが高いものを生み出せるのだ。やはり写真は他者に見て貰って初めて価値を持つ。写真集制作代行は意味のあるサービスだと書いたが、個人がスキル(それもほんの少しだけ)をアップさせるだけで、そんなサービスは不要な環境は、既に整っているのだ。

そういう人たちが作った写真集があふれる時代を想うと、夢のようだ。私は数多くの、クオリティの高い電子書籍写真集を、これからも見たいと願っている一人だから。

 

 

関連記事

  1. 2019年度にアニメ化されたライトノベル売上ランキング発表 ~あ…
  2. 電子書籍の減少傾向に歯止め(米国)
  3. 電子書籍の違法ダウンロード/海賊版が増える
  4. 角川文庫・ラノベ読み放題 / 作家の待遇は?
  5. 図書館の電子書籍化と電子書籍普及への課題。
  6. 令和初の年末年始、電子書籍を読もう! ディスカヴァー電子書籍祭り…
  7. E Bookはオワコンなのか?/ オーディオブックの台頭

おすすめ記事

図書館の電子書籍化と電子書籍普及への課題。

年末に全株式譲渡で話題になった、Rakuten OverDriveによると、世界中の図書館での電子書…

謹賀新年 2020年初売りでKindle本ライフを始めよう!

新年明けましておめでとうございます。今年もMamegohan Digital Publish…

2019年度電子出版物のご案内。というか、買えと言ってるんですよ!

二年目を迎えた弱小電子書籍出版プロジェクト、Mamegohan Digital Publishing…

令和初の年末年始、電子書籍を読もう! ディスカヴァー電子書籍祭りスタート!書籍診断でAmazonギフト券が当たるTwitterキャンペーンも実施中!

ディスカヴァー・トゥエンティワンのプレスリリースより。株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワ…

電子書籍の写真集制作代行が向かう場所

「電子書籍リーダー/所有率」などでネット検索すると分かるが、Kindleなど専門リーダーの普及率は、…

2019年度にアニメ化されたライトノベル売上ランキング発表 ~あなたの推し作品は?人気投票実施中!布教に使えるhonto電子書籍クーポンをプレゼント!~

2019年度にアニメ化されたライトノベル全18作品(2019年11月13日調べ)の書籍売上ランキング…

OSAKA candid My average day

Kindle製作日記

2019年度電子出版物のご案内。というか、買えと言ってるんですよ!

二年目を迎えた弱小電子書籍出版プロジェクト、Mamegohan Digital Publishing…

リフロー型を作る時期に来ているらしい

リフロー型の電子書籍の制作依頼が来ているのだけど、残念ながらすべて断ってます。なぜか?…

結構重要で重大なトラブル

Kindleで第二版を出したいのですが、データが更新されません。どういうこと?Tel…

商品リンクの画像が表示されない Amazon アソシエイト

先日発売したOSAKA candid 11ですが、販売ページ、商品リンクともに表紙の画像が表示されて…

PAGE TOP