電子書籍について

電子書籍を作る楽しみ

電子書籍(写真集)を作る楽しみ

なぜ電子書籍を作るのかと訊かれると、楽しいからと答えます。

楽しいから作る。単純明快な理由です。電子書籍化した写真集は、スマホのカメラロールを眺めたり、インスタグラムを見るのとは、また違った楽しみがあるのです。

作る楽しみ

タブレットやスマホで見る電子書籍とはいえ、基本的な編集作業は紙の本と変わりありません。写真の補正、並べる順番、見せ方、トリミング方法、効果的なテキストの載せ方、表紙デザインなど、編集内容は多岐にわたります。

わたりますが、決して難しい作業ではありません。

もちろん市販のものと同じレベルのファイルを作るには、AdobeのPhotoshopやIllustrator、InDesignなど、技術が必要なプロツールが必須となります。

しかし市販の無料ツールや、使い慣れたワード・ペイントなどでも、十分に電子版の写真集を出すことは可能なのです。

使えるツール、持っているツールを使って、自分のセンスで編集を行う。

これが最初の楽しみです。

最初からプロのようなファイルを作るのは難しいでしょう。でも試行錯誤を繰り返し、何冊か編集するうちに、きっと自分が納得できる一冊が完成するはずです。

見る楽しみ

完成した写真集は、スマホやタブレットに入れて持ち歩くことができます。何冊でも何十冊でも、持ち運ぶことが可能なのです。

こんなことは紙の本だと不可能です。

スマホやタブレットで写真を見る方法としては、カメラロールを眺めたり、インスタグラムにアクセスするのが一般的でしょう。

しかしそれは単に写真を見るだけで、写真集を眺めるのとは異なります。カメラロールもインスタグラムも、単なる写真でしかないのです。

撮った写真を見るのも、もちろん楽しいでしょう。しかし写真集として編集された電子書籍は、記憶や想い出を、より素敵に振り返ることができるのです。

見せる楽しみ

完成した電子書籍は、様々な形で配付が可能です。個人的な内容であるなら、無料のデータ転送サービスを使って、家族や友達に送ることができます。

また自分のサイトやブログサービスを通じて、読者にダウンロードしてもらうこともできます。Kindle形式であるならAmazonで販売することで、より多くの読者を獲得できるでしょう。このサイトはKindleに特化していますが、EPUBやPDF形式の書籍なら、他社での販売も可能です。

作品は他人に見て貰うことで初めて意味を持つと言われています。感想もらう、あるいは批判される、そういった読者からの反応は、創作したあとではたとえようのない楽しみとなるでしょう。

スマホやカメラで撮った写真を、単なる画像データとして誰にも見せないまま放置するよりも、様々な楽しみを体験できる電子出版を、あなたも始めてみませんか?本サイトでは、電子書籍の作り方を連載中です!

 

関連記事

  1. Kindleはオワコンなのか? 1
  2. 今さら「電子書籍って何?」
  3. Kindle Unlimitedを活用しよう!
  4. たくさんの写真集を出したい!

おすすめ記事

電子書籍を作る楽しみ

電子書籍(写真集)を作る楽しみなぜ電子書籍を作るのかと訊かれると、楽しいからと答えます。…

GR biyori / OSAKA candid 12 2018天国篇

OSAKA candid最新&最終版(あくまで現状では)、OSAKA candid 12 天国篇が発…

GR biyori / スパイラル貧乏

上場企業だと安心した転職リーマンに突きつけられたのは、以前のブラック企業以上にブラックな毎日だった。…

リフロー型を作る時期に来ているらしい

リフロー型の電子書籍の制作依頼が来ているのだけど、残念ながらすべて断ってます。なぜか?…

GR biyori / 平成5年式テクノブレイク

誰にだって不平不満はあるんです。ネガティブなことを言っても、みんな賛同なんかしてくれません。…

GR biyori / OSAKA candid 11 2018煉獄篇

OSAKA candid第11弾!2018年煉獄篇をお届けします!大阪で空気を汚して生きるオ…

OSAKA candid My average day

Kindle製作日記

リフロー型を作る時期に来ているらしい

リフロー型の電子書籍の制作依頼が来ているのだけど、残念ながらすべて断ってます。なぜか?…

結構重要で重大なトラブル

Kindleで第二版を出したいのですが、データが更新されません。どういうこと?Tel…

商品リンクの画像が表示されない Amazon アソシエイト

先日発売したOSAKA candid 11ですが、販売ページ、商品リンクともに表紙の画像が表示されて…

新年早々、残念なご報告(笑)

明けましておめでとうございます。本年もMamegohan Digital Publishingをよろ…

PAGE TOP