出版物紹介

GR biyori / 仏滅エクスタシー VS 排卵日アジェンダ

「仏滅エクスタシー VS 排卵日アジェンダ」を発売しました。

未来に期待なんかしちゃいない。だってここがもう未来!マジで!?もう取り返しつかないの?嘘だと言ってよ母ちゃん!!不惑になってもFUCKだぜ!なんて言えてた筈なのに、もうドーピングなしでは満足な結果も残せない体たらく!!あと何人とセクロスできるかよりも、あと何回BOKKIできるかのほうが気になるお年頃。それでも生きてくしかないオッサンの叙情詩と写真。どうか見てやってください。

作りとしては、スクエアの写真とテキストで1ページがレイアウトされている、「鼻フックバリカタ伝説」と同じです。内容も似たような感じで、僕としては続編の気持ちで作りました。鼻フックとは、少しアプローチが違うんですけどね。リアル読者に「既視感がある」と遠回しな嫌みを言われたくらいだYO!!でも一人の人間が作ってるんだもの、そういうこともあると思うよ?方向性とか作風だと思って!

中身ですけど、死ぬってことを、少し真面目に考えなきゃダメだなと思う出来事があったんですよ。僕自身に。大袈裟に言っちゃえば「生と死」が本作のテーマです。大袈裟すぎですけど。死を意識した時に同時に考えたのは、生のことでした。自分がどんな風にこの人生を生きてきたのか、みたいな感じで。

で、気づく訳ですよ。僕の人生って、ホントのホントにオナニーだけだったなって。この場合のオナニーが比喩ではないのがお笑いなんですけど。

でも今日明日死ぬ訳じゃない。まぁプリウスミサイルにやられて数時間後ポックリって未来も可能性ゼロじゃないんですけど、それでも生きていかなきゃダメなんだってことです。

生きるって何?って思ったとき、もうこれはイキザマとして、可能な限りオナニーするしかないってことなのかな?って思いました。

よく「365日のおかず」みたいな料理本あるじゃないですか?あれに対抗して「365日のオカズ」という、ぼくのオナペット記録本を出そうかなと思ったり思わなかったりしています(もちろん今考えた)

そういうどうしようもないオッサンの人生論みたいなテキストと写真です。よければダウンロードしてやってください。鼻フックよりは価格が低いのは、自分でも二番煎じだと思っているからです。

関連記事

  1. GR biyori / 平成5年式テクノブレイク
  2. イタニシモトキ / 撮影データを確認して気づいたのだが、俺は女子…
  3. GR biyori / All things must pass…
  4. GR biyori / All things must pass…
  5. GR biyori / OSAKA candid 7 My av…
  6. GR biyori みよん♂ / 最後の夏休み 公式復刻版
  7. GR biyori / OSAKA candid My aver…
  8. GR biyori / OSAKA candid My aver…

おすすめ記事

電子書籍を作る楽しみ

電子書籍(写真集)を作る楽しみなぜ電子書籍を作るのかと訊かれると、楽しいからと答えます。…

GR biyori / OSAKA candid 12 2018天国篇

OSAKA candid最新&最終版(あくまで現状では)、OSAKA candid 12 天国篇が発…

GR biyori / スパイラル貧乏

上場企業だと安心した転職リーマンに突きつけられたのは、以前のブラック企業以上にブラックな毎日だった。…

リフロー型を作る時期に来ているらしい

リフロー型の電子書籍の制作依頼が来ているのだけど、残念ながらすべて断ってます。なぜか?…

GR biyori / 平成5年式テクノブレイク

誰にだって不平不満はあるんです。ネガティブなことを言っても、みんな賛同なんかしてくれません。…

GR biyori / OSAKA candid 11 2018煉獄篇

OSAKA candid第11弾!2018年煉獄篇をお届けします!大阪で空気を汚して生きるオ…

OSAKA candid My average day

Kindle製作日記

リフロー型を作る時期に来ているらしい

リフロー型の電子書籍の制作依頼が来ているのだけど、残念ながらすべて断ってます。なぜか?…

結構重要で重大なトラブル

Kindleで第二版を出したいのですが、データが更新されません。どういうこと?Tel…

商品リンクの画像が表示されない Amazon アソシエイト

先日発売したOSAKA candid 11ですが、販売ページ、商品リンクともに表紙の画像が表示されて…

新年早々、残念なご報告(笑)

明けましておめでとうございます。本年もMamegohan Digital Publishingをよろ…

PAGE TOP