出版物紹介

GR biyori / OSAKA candid 8&9 My average day

2012年。

民主党政権最後の年で、スカイツリーが竣工しました。金環日食があって、吉田沙保里さんへの国民栄誉賞なんてニュースの他にも、李明博が竹島に上がり込んだり、尖閣諸島の国有化や、北朝鮮のミサイルへの破壊措置命令などがあった、きな臭い一年だったと記憶しています。

もちろん、世界情勢は言うまでもなく、日本の事件とも一切無関係に、僕の怠惰な生活は続きました。

逃避しても逃避しても、現実からは逃げられず、ギャルゲーに救いを求めて、二次元に行きたいと本気で願った日々。

悩んだようで、実は悩んでもない思考回路が導き出したのは、神頼みなんかやらないで、自分が神になればよい!という、驚きの結論。

神様になるには、どうすればいいのか?資格が必要なのか?登録が必要なのか?

そんな馬鹿なことを本気で呟きながら、撮り続けた大阪の街。

大阪の街というより、僕の周囲数メートル。僕の目で見られるエリア。

それだけのスナップと、ぼやきがセットの写真集第8弾です。今回、単品でも見ても、カタルシスは皆無です。ぜひとも同時発売の「OSAKA candid 9」とセットでお楽しみください。

OSAKA candid シリーズ第9弾!

順不同で、2003年度版から続いたシリーズも、ついに完結!(?)

10年分の怠惰な暮らしの記録、ここに堂々の(今のところ)完成です!

いよいよ離婚カウントダウンも始まった2013年。

家に帰ってもただ重苦しい空気があるだけ。

無責任にも帰宅せず、ただただ街を歩き続けた一年間。

そこに誠実さは皆無。

我ながら皆無!

そして気づくのです。

僕は生まれてから一度も、誰かを愛したことはなかったと。

愛を知らないロンリーソルジャー。

資金凍結され、風俗にも行けない哀戦士。

激動の2014年(OSAKA candid 3)へと続く、ホップ・ステップのステップの一年間。

現実逃避を繰り返していたけれど、もう逃げられないと悟った年末。

古い歌のリリックみたく、見慣れない服を着た妻は、出て行きました。

何かが終わった瞬間でした。

これから離婚しようと思う男性必見!

逃げられない現実に立ち向かわない男が捉えた、大阪の街と得意のぼやき。

OSAKA candid 9、ハンカチを用意してご覧ください。

ハンカチはたぶん、使いません。

8と同時発売の9をまとめて編集しながら、人生とは波があるものだなと、改めて感じました。当たり前ですよね。ずっと凪の穏やかな生活なんてありませんし、かといって戦場みたいな限界の暮らしを、何年も送ることは不可能です(笑)

8と9は、2012年と翌13年の記録です。
どちらも怠惰に過ごした年でした。袋小路に追い込まれ、結論を出さなければならないのに、答えを先送りにした日々。子供の頃からの悪い癖なのですが、僕は決断が出来ないのです。ぎりぎりまで追い込まれないと行動できないタイプ。一番社長に向いてない人間です(笑)

ほんの一瞬の苦しさや痛みを乗り越えれば、自分自身が楽になれることを、経験として知っているのに、それでも決断できないのはなぜなのか?我ながら不思議です。

でもそれは、今になって振り返って言えることで、当事者としては、悩むしかないんですよね。僕の場合、悩むよりも逃避にベクトルが向くのですが。

2012年は仕事と写真撮影に逃げていました。思った以上に撮影していましたね。日常風景もポートレイトも。マイクロフォーサーズではなく、1D Mark4とか5D Mark3なんて、重たい一眼レフを鞄に入れて、毎日持ち歩いていた記憶があります。そういう意味では、まだ2012年は生産的でした。翌年からは、ひたすらゲームの世界に没頭してますから。

今、思い出したようにPlayStationVITA版の「フォトカノkiss」をやっていますが、この頃は初代のPlayStation Portable版をプレイしていました。それこそずっと。スーツ姿の通勤時や出張の飛行機の中でもやってました。周囲の視線なんか、まったく気にしない、完全に現実逃避です。

二年間に及ぶ現実逃避、しかも他人の人生をいくつも左右するような、重大な局面にいるのに、それに向き合わない。ある意味、一本筋が通っているなと、我ながら失笑してしまいます。

人生を馬鹿にしていると、人生に馬鹿にされる。
もしかしたら、既に誰かが吐いた言葉かもしれませんが、このことを実感した時期でした。僕は僕自身の人生を、卑下して、いい加減に過ごしたおかげで、こんな場所に辿り着いたんだなと。どうにかして、軌道修正をしたい。そんな風に悩んだ時期もありましたが、現在では、そんな迷走さえも肯定しています。

誰も僕を肯定しません。だったら自分自身が認めてあげないと、あまりに僕が気の毒です。もっとも、自分自身に同情している訳ではありません。やっちまったことは仕方ないし、過ぎたことを悔やんでも、なーんも生産性に欠けるのです。

後悔は死ぬ時だけで良いかなと思います。そういう気持ちで生きていたいなと。

So Sally can wait, she knows its too late
As were walking on by

Her soul slides away, but don’t look back in anger
I heard you say

この頃から、OASISの「Don’t Look Back In Anger」の歌詞が、違った気持ちで胸に刺さるようになりました。

身勝手な男の記録ですが、どうか見てやってください。

 

 

関連記事

  1. GR biyori / OSAKA candid My aver…
  2. 篠 有里 / Fragments
  3. GR biyori / OSAKA candid 6 My av…
  4. GR biyori みよん♂ / 最後の夏休み 公式復刻版
  5. イタニシモトキ / 撮影データを確認して気づいたのだが、俺は女子…
  6. GR biyori みよん♂ / リーマンズライフ公式復刻版
  7. GR biyori / 平成5年式テクノブレイク
  8. GR biyori / All things must pass…

おすすめ記事

GR biyori /こんなハズじゃなかった未来の上に、今ぼくは立っているよ。

お待っとさんでした!(誰に言ってますか?)オッサンがただただぼやくだけの「おっさんぽえむ」新作発…

電子書籍を作る楽しみ

電子書籍(写真集)を作る楽しみなぜ電子書籍を作るのかと訊かれると、楽しいからと答えます。…

GR biyori / OSAKA candid 12 2018天国篇

OSAKA candid最新&最終版(あくまで現状では)、OSAKA candid 12 天国篇が発…

GR biyori / スパイラル貧乏

上場企業だと安心した転職リーマンに突きつけられたのは、以前のブラック企業以上にブラックな毎日だった。…

リフロー型を作る時期に来ているらしい

リフロー型の電子書籍の制作依頼が来ているのだけど、残念ながらすべて断ってます。なぜか?…

GR biyori / 平成5年式テクノブレイク

誰にだって不平不満はあるんです。ネガティブなことを言っても、みんな賛同なんかしてくれません。…

OSAKA candid My average day

Kindle製作日記

リフロー型を作る時期に来ているらしい

リフロー型の電子書籍の制作依頼が来ているのだけど、残念ながらすべて断ってます。なぜか?…

結構重要で重大なトラブル

Kindleで第二版を出したいのですが、データが更新されません。どういうこと?Tel…

商品リンクの画像が表示されない Amazon アソシエイト

先日発売したOSAKA candid 11ですが、販売ページ、商品リンクともに表紙の画像が表示されて…

新年早々、残念なご報告(笑)

明けましておめでとうございます。本年もMamegohan Digital Publishingをよろ…

PAGE TOP