出版物紹介

GR biyori / OSAKA candid 7 My average day

前作のあとがきに、OSAKA candidは来春の2018年度版まで出さないと書きました。
理由は2011年度版で「出し切った」感があったのと、さすがに読者も食傷気味だろうと思ったからです。
2011年版を出版してから、たったの2ヶ月ちょっと。
座右の銘は「男に二言は時と場合によってはある」の僕ですので、シレっと新作を出します。
出ちゃったんだもの、ゴメンなさい。

ただひたすら、怠惰に生きた2010年。
平成22年、平成がもう22年目という驚き。
小渕さんが「平成」って元号を出したとき、僕はまだ学生服を着ていました。
あれから22年。
情熱と青春という、暑苦しい二文字が似合う、夢に向かったがむしゃらな季節はとっくに終わり、待っていたのは、ただ漫然と「生きる」だけの毎日でした。
ジジィになる前に死んでやるとか、30歳以上を信じるな!とか言ってたのに、すっかり30代も後半、不惑も目前のオッサン具合。
不惑というか、ファック?

純白のメルセデス、プール付きのマンション、最高の女とベッドでドン・ペリニヨンの予定だったのに、辿り着いたのは、薄給サラリーマン。
何とか外車には乗れているけれど、中古のマンションと、新今宮駅の立ち食いうどん。
欲しいモノはすべてブラウン管の中!って、もうブラウン管もなくなっちまったYO!!

そんなオッサンが大阪の街で生きながら見たモノ。
暮らし同様、何も考えずに、ただ撮った写真。
そしてご存知、ぼやきの数々。
OSAKA candidシリーズも、まさかの7冊目になりました。
はっきり言って、写真も文章も、これまでと同じです。
何のドラマもありゃしない!
でもね、あなたの暮らしだって、そんなにドラマティックでもないでしょう?
生きていくって、たぶん、そんなもんなんですよ。

辛いことも、恥ずかしいことも、何も隠さない、等身大の毎日の記録。
本当は嬉しいこと、楽しいことも隠したくないのに、隠れちゃってる。
おーい、幸せはどこだい!?
そう、まさしくこれは「My average day」の連続です。
だいたい同じ毎日、そいで、まあまあそれなりOK。
いやOKじゃないよ!

そんな第7弾、よろしければ、お付き合いください。
購入より、アンリミテッドでレンタルしてください。
そっちの方が、儲かる仕組みです(笑)

OSAKA candid 7発売しました。
当分出さないと言っておきながら、出さずにはいられなかった業の深さ。いや、そんな大袈裟なことでもないですが。

OSAKA candidを休んでいる間に、いくつか新シリーズを模索していました。結果的に見たら、全部いっしょやん!?なんて声も聞こえてきそうですが、僕的には試行錯誤を繰り返してるんですよ。ええ、これでも。

その中で気づいたのですが、僕が本当に出したい写真集というのは、写真を借りた心情吐露なのです。やっぱりそれが一番作りたい。包み隠さず、ぶちまけてやりたいという衝動めいたものが、根本にあるのです。己の陳腐な写真を表現と呼ぶのであれば、画像ではなく心情だと再認識した感じです。

だとすれば、OSAKA candidよりも、All things must pass.シリーズの方が、僕の作りたいものに近いような気がします。近いような気もするのですが、後者は「創作」が入っているのですよ。創作と真実がごっちゃになっているのが、僕が生み出すものですけれど、それはあくまでリアルがメインで、どこかぼかす必要がある場合のみ、創作を挿入する手法です。そういう意味では、All things must pass.シリーズは創作の割合が高いのです。

OSAKA candidは、圧倒的真実の中に、ほんの少しだけ、レトリック的な意味で創作が入っています。隠し味に塩少々、みたいなレベル。入ってない巻もあります。それに対してまだ2作、そして方向性も決まっていないAll things must pass.ですが、こちらは、そもそもの根本として「創作」あるいは「これは創作ですから」と逃げる退路が、前提になっているのです。

なので、作っていて楽しくない。楽しくないというと語弊があるのですが、構成などを考えないとダメなんですよ。それが大袈裟に言えば「産みの苦しみ」なんですけど、もっと気持ちよく作りたい!と思ったら、やっぱりOSAKA candidになってしまうのです。

もともと7で取り上げた2010年の記録は、6と同時収録あるいは、同時発売する構想でした。なので7の写真はもうチョイスしてある上に、テキストも3分の1くらいは書き上げていました。ただ作ってみたら6はまさかの600ページオーバー。さすがにさらに400ページ追加とかは不可能ですし、同時発売すると、互いに潰し合うような気がして、2011年度版のみ発売した次第です。つまり工程としては半分以上終わっているデータがあったので、我慢できずに7を出しちゃったってのが、正直なところなんですよね。

OSAKA candidは現状、2008年~2011年と、2014年~2017年の8年分7冊を出しています。2007年より前のデータもあるのですが、意識して日常的に写真を撮ってはいないのです。つまり、この体裁として出せるのは、2012年と2013年の二年分のみ。さらにこの時期、実は色んな意味で、写真が撮れない期間でした。仕事ではもがくように、精力的にポートレイトを撮っていますが、スナップとか個人的な写真は激減しています。なので、2年分をまとめて一冊にするしかない感じです。

あくまで現状ですが、2012年と13年で、本当に最後になってしまうOSAKA candidです。今、日常的に写真を選択して言葉も考えている2018年度版は、年明け早々に出しますが、それまでにこの二年分を出版しようと思います。出版して、もうOSAKA candidはないんだと自分に思い込ませない限り、新しいシリーズはモノにならないとも思いますし。

誰にも希望されていないのに出版するって、ほんと自画自賛の自慰行為ですけれど、一人でも多くの人につきあってもらえたらな嬉しいなぁと、思ったり思わなかったりしています。

関連記事

  1. GR biyori みよん♂ / 30%の青空 公式復刻版
  2. GR biyori / OSAKA candid 10 2018…
  3. イタニシモトキ / 撮影データを確認して気づいたのだが、俺は女子…
  4. GR biyori / 鼻フックバリカタ伝説
  5. GR biyori / OSAKA candid 6 My av…
  6. GR biyori / All things must pass…
  7. GR biyori みよん♂ / 最後の夏休み 公式復刻版
  8. イタニシモトキ / 撮影データを確認して気づいたのだが、俺は女子…

おすすめ記事

リフロー型を作る時期に来ているらしい

リフロー型の電子書籍の制作依頼が来ているのだけど、残念ながらすべて断ってます。なぜか?…

GR biyori / 平成5年式テクノブレイク

誰にだって不平不満はあるんです。ネガティブなことを言っても、みんな賛同なんかしてくれません。…

GR biyori / OSAKA candid 11 2018煉獄篇

OSAKA candid第11弾!2018年煉獄篇をお届けします!大阪で空気を汚して生きるオ…

GR biyori / 仏滅エクスタシー VS 排卵日アジェンダ

「仏滅エクスタシー VS 排卵日アジェンダ」を発売しました。未来に期待なんかしちゃいない。だって…

GR biyori / OSAKA candid 10 2018地獄篇

お待っとさんでした!!(キンキン)撮り散らかした写真と、オッサンのぼやきで作る写真集、第10弾!…

結構重要で重大なトラブル

Kindleで第二版を出したいのですが、データが更新されません。どういうこと?Tel…

OSAKA candid My average day

Kindle製作日記

結構重要で重大なトラブル

Kindleで第二版を出したいのですが、データが更新されません。どういうこと?Tel…

商品リンクの画像が表示されない Amazon アソシエイト

先日発売したOSAKA candid 11ですが、販売ページ、商品リンクともに表紙の画像が表示されて…

新年早々、残念なご報告(笑)

明けましておめでとうございます。本年もMamegohan Digital Publishingをよろ…

成人向けコンテンツに指定されちゃった!

まさかの成人向けコンテンツ指定先日発売した、All things must pss.3が、Ama…

PAGE TOP