出版物紹介

GR biyori / All things must pass.2

すべてはいつか終わってしまう。
僕の「物語」たちが、が終焉に向かう記録。
終わりを記録した「All things must pass.」シリーズ第二弾。
陳腐な表現だけれど、物語が集まって、人生になるのだろう。
この物語が僕の人生にとって重要か否か、正直なところ、まだ分からない。
怠惰に、ただ怠惰に過ごした彼女との時間。
どんなに美辞麗句を並べても、僕にあったのは性欲だけだった。

第二弾は、写真+掌編です。
掌編小説のイメージを、写真で表現してみました。

All things must pass.シリーズ第二弾。僕と彼女の15年間の物語の終焉がテーマです。All things must pass.シリーズは、終わってしまった物語の記録を紡ぐものですが、まだ試行錯誤の段階です。この2は、その模索中の一つの答えとして見ていただけたらと思います。

「僕」にとって彼女は、決してそれだけではなかったとはいえ、性欲を処理してもらうだけの存在でした。それでも良いという彼女に甘えた結果です。女性からしてみれば、唾棄すべき男ですね(笑)

怠惰に、ただ怠惰に時間は流れました。性欲処理という言葉を先に使いましたが、リアルには、数えるほどしか彼女とセックスをしていないのです。抱くこともしなかった。面倒くさいから、手と口でしてよ、みたいな。この先どうなるのか、どうするのか、何も考えてもいなかった時代。「僕」は二十代から三十代になり、彼女は十代、二十代が過ぎて、まもなく三十を迎えようとしていました。

ただこの場合の「僕」というのは、作者とイコールではないのです。あくまで物語ですから。そういう現実と虚構のせめぎ合いを表現するには、写真というのは生々しいなと思いました。写真は役者が演じるドラマや小説と違って「真実」っぽい印象を拭えないからです。これを見た人の多くが、ノンフィクションだと思い込むでしょう。それは制作者としては狙ったことなのですが、読者に思考させる隙を与えないという意味では、表現としては失敗だったかなと反省しています。なので、まだ試行錯誤の段階なのです。

 

関連記事

  1. GR biyori / OSAKA candid 10 2018…
  2. GR biyori / OSAKA candid 6 My av…
  3. GR biyori / OSAKA candid My aver…
  4. GR biyori / 仏滅エクスタシー VS 排卵日アジェンダ…
  5. GR biyori みよん♂ / 30%の青空 公式復刻版2
  6. GR biyori / 鼻フックバリカタ伝説
  7. GR biyori / OSAKA candid 8&…
  8. GR biyori / OSAKA candid 7 My av…

おすすめ記事

リフロー型を作る時期に来ているらしい

リフロー型の電子書籍の制作依頼が来ているのだけど、残念ながらすべて断ってます。なぜか?…

GR biyori / 平成5年式テクノブレイク

誰にだって不平不満はあるんです。ネガティブなことを言っても、みんな賛同なんかしてくれません。…

GR biyori / OSAKA candid 11 2018煉獄篇

OSAKA candid第11弾!2018年煉獄篇をお届けします!大阪で空気を汚して生きるオ…

GR biyori / 仏滅エクスタシー VS 排卵日アジェンダ

「仏滅エクスタシー VS 排卵日アジェンダ」を発売しました。未来に期待なんかしちゃいない。だって…

GR biyori / OSAKA candid 10 2018地獄篇

お待っとさんでした!!(キンキン)撮り散らかした写真と、オッサンのぼやきで作る写真集、第10弾!…

結構重要で重大なトラブル

Kindleで第二版を出したいのですが、データが更新されません。どういうこと?Tel…

OSAKA candid My average day

Kindle製作日記

結構重要で重大なトラブル

Kindleで第二版を出したいのですが、データが更新されません。どういうこと?Tel…

商品リンクの画像が表示されない Amazon アソシエイト

先日発売したOSAKA candid 11ですが、販売ページ、商品リンクともに表紙の画像が表示されて…

新年早々、残念なご報告(笑)

明けましておめでとうございます。本年もMamegohan Digital Publishingをよろ…

成人向けコンテンツに指定されちゃった!

まさかの成人向けコンテンツ指定先日発売した、All things must pss.3が、Ama…

PAGE TOP